Naoki Kita & Kyoko Kuroda Duet

喜多直毅&黒田京子デュオ

<プロフィール>

 

喜多直毅、黒田京子による、ヴァイオリンとピアノのデュオ。

 

約10年にわたって全国各地にて演奏活動を行っている。それぞれのオリジナル楽曲の他、映画音楽、シャンソン、昭和歌謡などを即興演奏を取り入れたユニークなアレンジで演奏。クラシックでもジャズでもない完全に新しいそのサウンドは年齢を問わず人気が高い。これまでにアルバムを二作品制作している(『空に吸はれし心』『愛の讃歌 ~Hymne à l’amour~』)。

 

 

<これまでの歩み>

 

二人は2002年秋に初めて出会って以来、10年余りに渡り活動を続けている。当初は単純なセッションという形態での演奏を行っていたが、喜多が自身のCDのレコーディングに黒田を招いたり、黒田もまた喜多に折に触れ声をかけるなどの共演を重ねるうち、徐々に互いを重要なパートナーとして認識し始め、やがて固定化した一つのデュオとなった。

 

2008年、ファーストアルバム『空に吸はれし心』を発表。その瑞々しい音色とイマジネーションが豊かに広がる世界は、そのタイトル通り、高く青い空を想わせる。リリース直後より、現在でも高い評価を得ている作品である。

 

このアルバムが発表された頃より、二人の関心は音と言葉、さらに音楽と詩や物語へ向かい、それはコンサートシリーズ『軋む音』(2010年~2011年)へと繋がった。この『軋む音』では、毎回異なるテーマをもとに音楽創りが進められ、その内容は、作曲、即興演奏はもとより、歌、朗読や演劇的な装置やふるまいも伴った、小さな音楽劇と言ってよいだろう。

その第一回は美術家・内藤礼のインスタレーション作品から得た印象をもとに創られた「二本のリボン」。以降、第二回は死刑囚・永山則夫の生涯をたどった「絶叫」、第三回は作家・Viktor Franklが書いた本をもとに構成された「希望」、第四回は夭折した画家・石田徹也の生涯を扱った「繭蟲」、そして第五回の「轍」をもって、いったんピリオドが打たれている。

タイトルの『軋む音』とは、心の最深部で発せられている言葉にならない声のことであり、二人が奏でる音楽そのものを指す。テーマとしてとりあげられた人物の言葉や作品の奥深くにあるものに耳を澄まし、その生き方の根底にある思いを音楽として描き出すこのコンサートは、非常に多くの関心を集めた。

 

『軋む音』以後、通常のコンサートのプログラムに、シャンソン、ファド、ロシアの歌、ラテン、タンゴ、昭和歌謡、映画音楽の比率が高くなり始める。これらの音楽に特徴的なのは、どれも“歌”であり言葉を持っていることだ。また器楽曲としての映画音楽も、その背景には映画の筋、物語があり、言葉によって説明され得るものを伴っている。

こうした映画の内容や歌詞への洞察から始まる楽曲へのアプローチは、『軋む音』を経た二人のもっとも得意とするところであり、器楽奏者のものとしては非常にユニークである。歌の持つ言葉に様々な角度からメスを入れ、言葉になる以前の心情に耳を澄ます。そこから音楽を引き出す手法によって、彼らのポピュラー音楽はイージーリスニングやBGMとは大きく異なっている。

 

また、それぞれの演奏経歴もデュオのサウンドを独特たらしめている。黒田はジャズから出発し、フリージャズ及びフリーインプロヴィゼイション、ノイズ音楽を経由している一方、喜多はアルゼンチンタンゴを出自とし、情緒的な表現を得意とする。しかし近年、即興音楽へのアプローチを深めている喜多により、デュオの演奏は幅を広げるとともに先鋭化し、コアな音楽ファンからの注目を集めている。現在取り組んでいるポピュラー音楽にも、不協和音やノイズを積極的に取り入れることにより、繊細な心理描写と重層的な情景描写に成功している。

 

時代に流されることなく、一方で常に新しい表現を追求しつつ「心に深く届く音楽」を奏で続けるデュオとしてまさに唯一無二である。

国立音楽大学でヴァイオリンを専攻後、英国にて作編曲を、アルゼンチンにてタンゴ奏法を学ぶ。

帰国後は自身のタンゴ楽団で演奏活動を行う傍ら、京谷弘司、小松亮太等のタンゴ演奏家のコンサートやレコーディングにも参加。

一方、ジャズやアラブ音楽等の影響を受け、タンゴと並行してジャンルを超えた活動を開始。自身のオリジナル・アルバムの制作・発表の他、鬼怒無月氏率いるSalleGaveauに参加し、国内外での演奏を行う。

以降、ソロ・ヴァイオリニストとしてオリジナル楽曲を中心としたライヴ活動を行った後、音楽的関心は即興演奏へ向かう。

翠川敬基、千野秀一、齋藤徹、黒田京子、Barre Phillips、Tristan Honsinger、Roger Turner、Sebastian Gramms各氏等と共演、また舞踏家のJean Sasportes氏のパフォーマンスに於いてヴァイオリン演奏の他に朗読を行う等、表現の領域は大きく広がる。

2012年12月にはフランス人ピアニストのFrédéric Blondy氏とのアルバム(パリ録音)を発表。

2014年7月齋藤徹とのデュオ、10月に黒田京子とのデュオ、自身のカルテットのアルバムを発表。

現在は日本と欧州を中心に、幅広い分野での演奏活動を行っている。

 

喜多直毅Website

東京都府中市生まれ。

'80年代後半、自ら主宰した「オルト」では、ブレヒト・ソングを素材に、ジャズだけでなく、演劇やエレクトロニクスの音楽家たちと脱ジャンル的な場作りを行う。

'90年以降、坂田明(as)などのバンドメンバーや、演劇や朗読の音楽を長期に渡って務める他、無声映画への音楽提供、ジャズ講座の講師を担当するなど、その活動の幅はたいへん広い。

'00年には「オルトペラ・アンサンブル」による音楽劇の公演を行う。

'04年から6年間余り、太田惠資(vn)と翠川敬基(vc)のピアノ・トリオで活動。

'10年から喜多直毅(vn)と言葉と音楽の実験劇場「軋む音」を不定期に展開。

近年は即興演奏を主体とした演奏活動を行っている。

'06年、オルト・ミュージックを立ち上げ、コンサートの企画も手掛ける。

2013年、ピアノ・ソロのCD『沈黙の声』を発表。

 

黒田京子Website

Please reload

Please reload